緊急帝王切開の費用(明細公開)

緊急帝王切開の費用(明細公開)緊急帝王切開の費用(明細公開)

 

不育症治療をしながらお腹の赤ちゃんを育て、

出産時には陣痛があるのに赤ちゃんがおりてこない軟産道強靭により

緊急帝王切開になりました。

 

出産の費用に関しては、帝王切開になったことで保険が適用になり、

ずいぶん安くすみました。

 

田舎の病院なので特に安いと思います。

 

都心にお住まいの方には参考にならないかもしれませんが

私が緊急帝王切開の時にかかった費用は以下の通りです。

 

(「円」と「点」があります)

【自費分と保険分の合計:347,759円】

緊急帝王切開の費用明細

入院期間11月16日~24日(9日間)

自費分 保険分
・室料差額 33,030円 ・入院料等 135点
・分娩介助料 160,000円 ・医学管理料等 305点
・新生児介補料 18,640円 ・投薬料 817点
・検査・薬剤料4,000円 ・手術料 22,853点
・産科医療補償制度 30,000円 ・麻酔料 1,810点
・その他 14,090円 ・診断群分類(DPC) 25,166点
・食事療養費 13,890円
【自費合計】259,760円 【保険合計】167,150円 負担額87,999円

 

私の場合不育症のため、通常の出産より費用が高くなる可能性があると

事前に説明を受けていました。

 

思ったより安かったので全く気にしておらず、

今となってはどの項目がそれにあたるのかはわかりません…

 

「出産育児一時金の医療機関直接支払制度」を利用したので

病院で支払った金額はゼロ円。

 

出産育児一時金が42万円もらえる予定だったので、

差額分の約7万円は申請後に受け取ることができました。

 

また、医療保険に入っていたため、手続きをして15万円もらうことができました。

(もらえるかどうかは契約内容によります。金額も契約によって異なります)

 

合計22万円儲かりました(笑)

 

「儲かった」は冗談ですが、不育症→陣痛→緊急帝王切開で

がんばったご褒美だと思っておくことにしました。

 

実際は不育症の検査と治療に30万円近くかかったので、

それでもマイナスです(^^;

 

 

このページとよく似たページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ