2回流産?3回流産?不育症の定義とは

2回流産?3回流産?不育症の定義とは2回流産?3回流産?不育症の定義とは

 

2回連続して流産する反復流産

3回以上流産を繰り返す習慣流産

・・・どこからを不育症と言うのでしょうか?

 

私が妊娠を希望して病院に通っていた2010年12月に病院の先生に聞いた時は、

化学流産(妊娠検査薬は陽性だけどすぐ生理がきてしまう)は

流産にはカウントせず、

化学流産以外の流産が3回続くことが現在の不育症の定義

と教えてもらいました。

 

3回流産を繰り返すと病院では習慣流産と診断され、

不育症の検査を勧められると思います。

しかし、その後2013年に受診した際に話を聞いていると、

不育症の定義は1~2年でコロコロ変わるとのこと

 

私は自分が不育症だと認めたくなくて、

不育症の定義って何なのかネットで何回も検索しました。

 

でも今考えると、

不育症の定義にあてはまるかどうかが重要なのではなく、

個人の状況によって不育症の治療をするかどうか

適切に判断をするということが重要なんだと思います。

 

最近は晩婚傾向から女性が妊娠・出産する年齢も高齢化しているので

2回の流産「反復流産」で不育症の検査を勧められることもあります。

私は化学流産2回の後、不育症の治療をして、元気な子を出産することができました^^

 

そもそも化学流産は流産にカウントしない、と言われているのに

私が早々と治療に踏み切ったのは

「妊娠しにくかったから」ということが大きいです。

 

長い月日をかけてやっと妊娠した!・・・でも流産、なんてつらすぎます。

だから、早いかもしれないけれど不育症の治療をする決意をしました。

 

また、年齢的なこともあります。

高齢化するについて、妊娠できる確率が減っていくことに焦りを感じていました。

 

私が治療をしていた時、不育症の治療は保険適用外、

不育症の助成金もありませんでした。

(今はヘパリン注射が保険適用されます!)

 

正直、金銭的につらかったです。

でもそれでも治療したかった。

 

このあたりは個人によりますし、

ご両親など応援してくれる方の状況にもよるでしょう。

 

流産の回数だけではなく、総合的に判断してくださいね。

 

 

このページとよく似たページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ