つわりと流産の関係

つわりと流産の関係つわりと流産の関係

 

つわりが突然軽減したり、

つわりが楽になったり、

つわりが終了したりすると、

今度は「流産したのでは?!」なんて心配になったりしますね。

 

あんなに望んでいたつわりから解放されたのに、

元気な赤ちゃんを出産するまでお母さんの心配事はつきません。

 

でも、つわりと流産は関係が少ない

または関係がない、と言われています。

 

妊娠・出産に関わることはまだまだわかっていないことが多く、

「こうだ!」と言いきれないことが多いです。

 

こちらのページではつわりと流産の関係についてお医者様が回答されています。

→ つわりが軽いと流産とか聞くのですが?

 

私の場合、妊娠8カ月目に入ってから、つわりが徐々によくなりました。

毎日吐いていたのが2回に1回になり、3日に1回になり・・・と間隔があいていき、

妊娠9カ月目にはもう吐かなくなりました。

 

一方、お腹の赤ちゃんが元気でも、ある日突然つわりがおわる人もいます。

 

このように、つわりがなくなったイコール流産しているとは言いきれません。

逆に、流産した後も、つわりが続く人もいます。

また、一旦おさまったつわりがまた復活する人もいます。

 

つわりは、流産を知らせるサインではないので

つわりの有無で流産を知ることはできません。

 

とは言え、つわりが重かった人が突然つわりがおさまると、心配になりますね。

心配な場合は、迷わずかかりつけの病院へ行って相談しましょう。

病院で診てもらって赤ちゃんが元気なことが確認できれば、それが一番安心できますよね^^

 

 

このページとよく似たページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ