つわり対策&症状緩和方法

つわり対策&症状緩和方法つわり対策&症状緩和方法

 

実際に私が行っていたつわりを少しでもマシにするためのつわり対策です。

今つわりで苦しむ妊婦さんの、つわりの症状が少しでも緩和しますように!!

 

1回の食事量を減らし、1日の食事回数を増やす

空腹になり血糖値が下がると、つわりの症状が悪化します。

血糖値が下がりすぎないよう、こまめに食事をとりましょう。

回数を増やす分、1回の食事の量は減らします。

 

何も食べたくない人は少しでも食べやすい物を探しましょう

つわり中は気持ち悪くて何も食べたくないことも多いですよね。

そのような時でも妊婦さん達が「意外と食べれた!」と言っているのが

  • トマト
  • りんごなどのフルーツ
  • サンドイッチ
  • 炭酸飲料
  • アイス

そして意外なのが「フライドポテト」

「気持ち悪い時にフライドポテトなんて!」と思いますが

意外とフライドポテトなら食べれたと言う妊婦さんも多いです。

試したことがない方はぜひお試しあれ!

 

外出できる状態なら、外出して気分を変える

私は仲のいい友人宅へたまに遊びに行っていました

気分が悪くなったら横にならしてもらい、

友人宅のトイレを借りて吐くこともしばしば…。

外出したから100%気分がまぎれるわけではなく、

外出先で吐くことも多かったです。

でも仲のいい友人宅のように気兼ねなくいれる場所なら、

吐くことはあっても家に一人でいるよりは気がまぎれました。

ただ、外出先の汚いトイレで吐くのは絶対嫌だったので、

きれいなトイレがなさそうな場所にはでかけないようにしていました。

 

空腹になると気持ち悪いつわりの場合、寝る前枕元に食べ物をおいておく

私は食べると嘔吐する、でも空腹でも気持ち悪い、

そんな状態が続きました。

寝る前に空腹を感じると気持ち悪くて眠りにつくことができないので、

枕元にスティックパンをおいておいて、食べたくないけれど

胃を空腹状態にしないために寝る直前に食べてから寝ていました。

パンやお米のような炭水化物はつわりに良いそうです

(わかっていても気持ち悪くて食べれないんですけど、ね)。

 

冷えた食べ物、酸っぱい食べ物

温かいご飯より冷めたご飯の方がまだ食べやすかったです。

そして、普通のご飯より酢飯の方がまだ食べやすかったので

私はよくいなり寿司を買ってきて冷蔵庫に入れていました。

食べれるかどうかはその時の体調によりましたが、

食べたい時に気軽にパクっと食べれるのでよかったです。

 

水分をとりましょう

水分がとれないと脱水症状になる危険性があります。

食べ物は食べれないけど水分ならとれる場合はお茶や水ではなく、

りんごジュースやグレープフルーツジュース、野菜ジュースのように

カロリーのあるものを摂取するようにしていました。

水分もとれなくて、吐いてしまう状態が続くなら病院で診てもらいましょう!

 

食べづわりの場合はローカロリーのものを選んで

食べづわりの方は食べていないと気持ちが悪いので

ずっと何かを食べていることになりますね。

できる範囲で、ローカロリーのものを選んで体重が増加しすぎないよう気をつけましょう!

無理をしてつわりが悪化してしまっては本末転倒なので、無理のない範囲で。

炭酸水はつわり中でも飲める人が多いので、カロリーゼロの炭酸水はおすすめです。

 

氷を食べる?→鉄分の飴をなめる

氷を食べると気分がよくなることがあって、

食べているうちに癖になって氷をボリボリ食べていました。

あまりに氷が食べたくて食べたくてしょうがないので疑問に思い、

調べてみたところ妊娠中無性に氷が食べたくなる「氷食症」と言うのがあるそうです!

主に鉄分不足が原因のようです。

氷の食べすぎは身体の冷えにもつながりますし、

鉄分不足の解決にはつながりません。

氷ではなく、鉄分をしっかりとるようにしましょう。

私は薬局で売られていた鉄分の入った飴をなめていました。

飴はつわりの気持ち悪さ対策にもなりますが食べすぎには要注意です。

また、鉄分不足の程度がひどい場合は病院に行きましょう。

 

他人の作ったものを食べる

自分の作ったお料理は食べる気がしない、

お料理なんて作れる状態じゃないくらい気持ちの悪い時でも

不思議とたまに行く義実家の母の作る料理なら食べれることがありました。

つわりがひどくて2週間連続自分の実家に帰った時、

毎日実の母の料理を食べているとやはり食べれない日もありました。

「毎日」だと慣れてしまって効果がなくなるので、

「たまに」人の作った料理を食べる、と言うのがポイントかも?しれません^^

 

 

このページとよく似たページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ