つわりの原因と症状

つわりの原因と症状つわりの原因と症状

 

妊娠したらやってくる(かもしれない)つわり。

漢字で書くと悪阻

・・・漢字で書くとさらに恐ろしい感じがしますね(≧э≦)

 

あまりの辛さに

一体なんでつわりになるの?

つわりの原因は?

って考えずにはいられません。

 

  • お母さんとお腹の子の血液型が違うとつわりになる
  • お腹の赤ちゃんが男の子だとつわりがひどくて、女の子だとつわりが軽い

こんな都市伝説のような話を聞いたことがありませんか?

 

でも実際のところ、このような話に根拠はなく、

つわりの原因は未だよくわかっていません

 

つわりの原因として一番有力なのは、

子宮内のhcg(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と言う

ホルモンの影響でつわりが起こると言う説です。

 

このhcgと言うホルモンは受精卵を発育させるために必要なものなので、

つわりを軽くするためにhcgの量をおさえるってわけにもいきません。

 

このhcgというホルモンは10~12週くらいにピークをむかえ、後は減っていきます。

にも関わらず、私のように妊娠8ヶ月になっても吐く人、

出産までつわりが続く人、人それぞれ症状は様々です。

 

hcgと言うホルモンが関係しているという説は有力ですが、

このhcgというホルモンだけが原因とは言えなさそうですね。

 

これだけ科学が発達している世の中なのに

つわりを確実に軽くする方法がないなんて・・・

つわりは病気ではないので熱心に研究する研究者の方が

いないんじゃないかと個人的には思っています。

 

妊娠してすぐつわりが始まり、妊娠8ヶ月まで吐き続けていた私としては、

つわりの原因が解明されることを願うばかりです( ;∀;)

 

つわりの症状としては下記のようなものがあります。

  • 胃がムカムカして気持ち悪い
  • 嘔吐(吐く)
  • 常に食べていないと気持ち悪い(食べつわり)
  • 臭いで気持ち悪くなる
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 乗り物に酔う
  • 身体がだるい
  • つばが多い

つわりの程度や症状は人それぞれです。

気になる症状があればお医者さんに聞いてみましょう!

 

 

このページとよく似たページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ