妊娠9ヶ月(妊娠34週目)ヘパリンをやめる時期

妊娠9ヶ月(妊娠34週目)ヘパリンをやめる時期妊娠9ヶ月(妊娠34週目)ヘパリンをやめる時期

 

不育症治療しながら、妊娠34週3日(34w3d)の時に17回目の妊婦検診。

薬バファリン81mgの服用は妊娠34週2日で服用を終了。

ヘパリン自己注射は継続中!

 

今回から里帰り出産する病院へ。

 

妊娠34週3日(34w3d)

妊娠34週3日のエコー写真(画像)

エコー写真はもうどこが何やらわかりません(^^;)

34w3d
34w3d2

 

推定体重2422gで35週0日(35w0d)の大きさ。

実際は34週3日だから、前回までより標準値との差が縮まった。

 

【妊娠34週3日の数値記録】

(なぜかFTAが2つ・・・)

FTA 70.22? G.A. 35w1d SD +0.37

FTA 70.85? G.A. 35w3d SD +0.45

FL 6.05cm G.A. 33w2d SD -0.70

EFW 2422g G.A. 35w0d SD +0.35

 

前回まで通っていた病院の先生はへパリン注射は出産直前までうつと言ってたけれど、

里帰り出産する病院の先生は出産直前までうつと血がとまらなくなるとダメだから

出産の少し前にヘパリン注射をやめた方がいいと説明してくれた。

(後日談。36週3日でヘパリン注射を終了しました)

 

ヘパリン注射をやめた途端赤ちゃんに

栄養が行かなくなるなんてことがおこったら怖い。

 

でも、出産の時にヘパリンの副作用で血が止まらなくなるのもこわい。

 

お医者さんによってもヘパリン注射終了の時期は様々で、

どれが正しいのか、どうしていいのか私にはわからないけれど、

目の前にいるお医者さんのことを信じて、

素直に言うことに従おうと思った。

 

 

そして、この日初めてのノンストレステスト(nst)!

 

ノンストレステストと言うだけあって、

全然ストレスのかからないテストだなぁと思ったら、

違ったみたい(・∀・;)

 

ノンストレステストは略してNST。

 

子宮伸縮(陣痛)が全くない状態での胎児心拍モニタリングのこと。

 

検査と言っても、私は40分くらい横になっているだけでした。

 

赤ちゃんにストレスのない状態での検査だから

ノンストレステストと言うみたいです。

でも母親にとってもストレスのないテストですよ^^

 

ノンストレステストの結果

「赤ちゃんはとっても元気で100点満点ですよ」

と言ってもらえてすごくうれしかった♪

 

ノンストレステストの費用は1000円でした。

 

不育症治療をしながらの出産はハイリスクになるので、

これから検診のたびにノンストレステストをするみたい。

毎回ノンストレステストの検査費用がかかるから、

まだそんなに高くなくてホッとした…。

 

 

妊娠33週4日の前回の検診で子宮頸管長が2.4cmで短いから安静にと言われたけど、

今の日内診してもらったら別に短くないし

子宮口がしっかり閉じてるから普通に生活して、

近所に買い物行ってもらったりしても全然大丈夫とのこと。

 

こちらも一安心^^

 

GBS検査もして、結果は次回。

 

妊娠34週3日の妊婦検診費用は ノンストレステスト1000円。

採血等で4880円。

 

料金合計5880円。

 

 

このページとよく似たページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ