妊娠6ヶ月(妊娠23週目)性別判定!

妊娠6ヶ月(妊娠23週目)性別判定!妊娠6ヶ月(妊娠23週目)性別判定!

 

不育症治療しながら、妊娠23週4日(23w4d)の時に11回目の妊婦検診。

薬バファリン81mgの服用とヘパリン自己注射を継続中!

 

妊娠23週4日(23w4d)

妊娠23週4日のエコー写真(画像)

23w4d

 

妊娠23週4日の胎児の大きさは推定734gで、

24週5日(24w5d)の大きさ。

本当は23週4日だから平均より1週間以上大きいけど問題なし。

 

お腹の赤ちゃんは旦那さんに似て頭が大きい(^^;)

推定体重を割り出すのに使うBPD(胎児の頭の横幅の長さ)が大きいから、

推定体重もその分大きくなるみたい…

 

脳内に水が溜まる「脳室拡大」が原因で

BPDが大きくなっている場合は問題があるようです。

 

脳室幅が1cm(10mm)未満なら問題ないということで、

お腹の赤ちゃんの場合7mmなので問題なし☆

 

単純に頭が大きいだけみたいです(。-∀-)

 

 

そして、ついに性別がわかりました~!

 

エコーを見た先生から「確実に男の子だ」とのお言葉!

 

本当に男の子でも女の子でもどちらでも

うれしいからどちらでもいいのだけれど、

性別がわかると服も準備できるし、楽しみが増えますね↑

 

赤ちゃんの性別判定の時期がいつごろかは本当に様々です。

早い人では妊娠4ヶ月くらいでわかることもあるみたいですが、

逆に出産後に「聞いていた性別と違った」なんてことも。

 

通院している病院の超音波(エコー)が

2Dなのか3Dなのか4Dによっても性別のわかる時期が違ってきます。

 

超音波の精度がいいと、やっぱり発見が早くなります^^

 

それに加えて、エコーを取った時の赤ちゃんの向きも関係してきたり、

お医者さんによっては性別を早く言うのを嫌う先生もいたり・・・

 

病院の方針や先生の方針によっても、

性別を早く知れるかどうかは変わってくると思います。

 

私のまわりの友達では、妊娠5ヶ月~7ヶ月くらいに

性別がわかった子が多いです^^

 

妊娠23週4日の妊婦検診の費用は不育症治療のヘパリン注射代が保険外24420円。

診察とバファリンが保険適用で970円。

消毒綿とバンドエイドで2150円。

 

料金合計27540円

 

 

このページとよく似たページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ