子供が車に乗りたがらない時の6つの対策

子供が車に乗りたがらない時の6つの対策子供が車に乗りたがらない時の6つの対策

 

車・チャイルドシートで泣く赤ちゃんへの9つの対策では

主に車の中での対策について書いてみました。

 

でも、寅ちゃんはそれ以前に

車に乗ること自体を拒否することがよくあります(- -|||)

それをごまかして車に乗せるのは一苦労・・・

 

保育園に行く時、どうしても車に乗らないので

無理やり力ずくで乗せたこともあります。

でもすごく後味が悪くて・・・(´A`。)

 

無理やり乗せた後は、車の中でも寅ちゃんは泣き続けました。

 

毎日のことなので無理やり力ずくで乗せることはもうしたくないと思い、

なんとかごまかしながら車に乗せる毎日です。

 

スムーズに車に乗せるために私がやっていることをご紹介しますね。

 

おやつでつる

超オーソドックスですが、

「おやつ食べようか?」と言っておやつでつります。

毎日おやつがないと車に乗らないようになってほしくないので、

最終手段のひとつでもあります。

 

車の中に好きなおもちゃ・DVDをおいておく

寅ちゃんはトーマスが大好き。

車にトーマスのDVDをおいておき、

どうしても車の乗ろうとしない時は

「車でトーマスみようか?」と誘います。

 

それでも「いや!!!!!」と怒られることもよくあります(´ε`;)

後部座席のチャイルドシートでDVDを見るなら

車載できるポータブルDVDプレイヤーが便利です。

※もちろんスマホでも動画は見れますが、スマホで動画を見せてしまうと

いつでもどこでも見たがるようになります。

その点、DVDプレイヤーなら「車の中でしか見れない」と言い聞かせれば大丈夫なのでおすすめです!
 

寅ちゃんも愛用中。
 

→ 楽天市場でポータブルDVDプレイヤーを探す

 

公園など、寄り道してから車に乗る

我が家はすぐ近くに公園があるので、

一時期は公園でブランコに乗り、

ご機嫌をとってから車に乗るようにしていました。

 

家から直接駐車場に行くよりも、公園で10分くらい遊んでからの方が

スムーズに車に乗ってくれることが多かったです。

 

でもお子さんによっては公園から帰りたがらないなど、

逆効果になる場合もあるので注意が必要です…。

 

あと、これを1度やってしまうと毎日「公園!!!!」と言う可能性は大です。

その覚悟があれば、公園経由で車に乗せるのも

一度試してみてもいいかもしれません。

 

夏の朝は公園も快適でいいのですが、真冬の朝に公園で遊ぶと言われると

アラフォー母ちゃんにはなかなかつらいです(・∀・;)

 

「飛行機ビューン!!」で車まで移動

駐車場に行こうとすると、反対方向を指さして

「あっち!あっち!!あっちぃぃぃぃぃ!!!」

とぐずり出す寅ちゃん。

 

でももう車に乗らないとダメな時間・・・

抱っこしても「あっちぃぃぃぃ」と大暴れ。

 

そんな時に効果があったのが、寅ちゃんを抱っこして

「飛行機ビューン!!」

と言いながらダッシュで車まで走る方法(笑)

 

寅ちゃんは怒りながらも笑ってました。

でも、笑いながらも怒ってるんですけどね(^^;)

 

「ダメ!!車に乗りなさい!!!時間ないの!!!!」

なんて怒るよりは、楽しく「飛行機ビューン!!」で車まで移動する方が、

泣かれずに車まで移動できる確率がちょっとだけ、アップします。

 

車までかけっこ競争する

かけっこができる年齢になったら、他の車に注意しつつ

「車まで競争ね!母ちゃんが早い?寅ちゃんが早い?よーい、ドン!!!」

と言って競争していました。

 

もちろん、効果がなくて、反対方向を指さして

「あっち!あっち!!あっちぃぃぃぃぃ!!!」

と泣かれる日もあります。

でもやらないよりはマシ・・・かな?

 

「寅ちゃんの車あったら教えてね」と声かけする

うちはマンションなので、駐車場にはたくさんの車が停まっています。

駐車場と逆方向に行きたがる時は抱っこして、

「寅ちゃんの車あったら教えてね!」

と声をかけて

「ないねぇ。ないねぇ。あった?!」

と話しかけながら車の方まで連れて行きます。

 

 

以上私が普段している、子供が車に乗りたがらない時の6つの対策です。

 

こうやって書いてみると、ほんと寅ちゃんって

何ひとつとっても一筋縄ではいきません(笑)

 

母ちゃんはいろんなところで工夫して、

いろんな技を身につけたよ(^д^;)ハハハ

 

他にもいい方法があったら教えてくださいね♪

 

 

このページとよく似たページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ