子供と中秋の名月(十五夜)を楽しもう

子供と中秋の名月(十五夜)を楽しもう子供と中秋の名月(十五夜)を楽しもう

 

子供と一緒に季節を感じる行事を楽しみましょう♪

 

2018年(平成30年)の中秋の名月(十五夜)9月24日(月・祝)です。

 

十三夜は2018年10月21日(日)

DSCF5643

 

 

中秋の名月には月見団子やススキをかざって、満月を眺める風習があります。

 

「秋の真ん中に出る月」

と言う意味で中秋の名月とも呼ばれています。

 

・・・これで、「中秋の名月って何?」って子供から聞かれてもバッチリ(・∀・)b

 

 

この時期は空気が乾燥して月がはっきりと綺麗に見えるので、

天気さえよければお月見には最高です。

熱帯夜から解放され、朝晩は涼しくなった頃なので、快適☆

 

 

昔は、十五夜は作物の収穫祭も兼ねていたそうです。

 

元々は中国の行事で、月を愛でる行事として今も祝われています。

中国でそなえた「月餅(げっぺい)」が日本では月見だんごになったようです。

 

 

やっぱり、月より団子。

お餅好きの寅ちゃん、ダブルピースでこの笑顔!

DSCF5636

 

食べる時は喉につまらないように、小さく小さく切って出します。

DSCF5638

 

 

月見団子はうるう年には13個、平年は12個飾ります。

十五夜にお供えする団子は15個と言う説も。

…諸説ありますが数にこだわらず、子供と一緒に楽しくお月見できたらいいですね♪

 

 

こんな便利なものが売られていました~

12個入りです。

DSCF5629
DSCF5632

→ 楽天市場で月見団子を探す

 

 

あまり知られていないことですが、十五夜と十三夜は

両方鑑賞しなければ片見月と言って縁起が悪いとされています。

 

十五夜だけでなく、十三夜の日もチェックしてお月見しましょう!

 

普段、月をゆっくり見る機会はなかなかないので、

こういう行事の時にゆっくり家族で鑑賞するのもいいものですd(^ε^*)

 

 

このページとよく似たページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ