子供の夜驚(やきょう)症対処

子供の夜驚(やきょう)症対処子供の夜驚(やきょう)症対処

 

夜驚症とは、寝ている時に突然起きて激しく、

怯えたように泣く症状のことです。

 

赤ちゃんの時の「夜泣き」とは違い、

2歳くらいから出始め、3~6歳がピークです。

 

特別な対処方法があるわけではなく、

特別な治療は必要ありません。

 

ただ、繰り返し夜驚症の症状が出るようだと心配になりますし、

お母さんは大変…。

 

夜驚症の原因は昼間に刺激の強い体験をしたり、

強く叱られたり、禁止されたり、

思い通りにならなかったりしたことが心に残り、

夜驚症となって症状が現れます。

 

夜驚症の症状が頻繁に出るようなら、

昼間の生活に問題がなかったか、

一度考えてみる必要があります。

 

感受性の強い子だと、少しの出来事がストレスになって

夜に症状が出る場合もあるので、

昼間はのびのびと遊ばせてあげるように心がけましょう!

 

そして、夜になって夜驚症が出てしまった場合は

抱きしめたりして落ち着かせるといいようです。

 

ただ、抱っこも拒否して泣きじゃくることもあるでしょう。

 

夜驚は短い時間でおさまる場合も多いので、

抱っこを拒否する場合はしばらく様子を見て、

おさまるのを待っても大丈夫。

 

次の日には本人は夜中に泣いたことを覚えておらず、

ケロッとしてることが多いようです。

 

成長するに従ってほとんどの場合症状がおさまるようです。

昼間の生活に気をつけて、症状がなるべく出ないようにしたいですね。

 

 

このページとよく似たページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ